群馬県で薬剤師がパートの求人に応募するなら

群馬県で働きたいと考えている薬剤師にとって正社員や正職員になるかパートを選ぶかは大きな問題の一つでしょう。薬剤師のパートの求人には特徴があり、職場の種類によって傾向も異なっています。パートの求人に応募しようかと悩んでいるときに役に立つ情報を提供するので、本当にパートの仕事を探すべきかどうかを判断できるようになりましょう。

「五島列島の薬剤師求人にはどんなものがあるのか」

薬剤師のパートは群馬県でも給与水準が高い

薬剤師がパートで働こうかどうしようかと悩んでしまう理由として給与水準が極めて高いことが挙げられます。全国的にパートの時給水準が高くなっていて、群馬県でも例外ではなく他の職種に比べると二倍以上も稼げる求人が目立っています。

比較的時給が低い求人であっても2000円前後、高いものであれば3000円近くなっているので、正社員や正職員などとして働かなくても十分に稼げるという印象を受けられるでしょう。

派遣で働くとさらに水準は高くなり、経験を積むと4000円くらいの時給で働けることもあります。しかし、同じ職場で長く働くことができないなどの問題もあることからパートが好ましいと考えられている場合がほとんどです。

パートを選ぶメリットとは

働くなら正社員か正職員を選びたいと考える人も多いですが、パートを選ぶのにはどんなメリットがあるのでしょうか。薬剤師の場合にはパートの時給相場が高いので稼ぎやすいのは確かです。しかし、正社員や正職員の年収も高い水準にあるのでパートの方が稼げるということではありません。

求人に記載されているような時給で納得して働けるかどうかは気にかけておかなければならないでしょう。ただ、フルタイム勤務ではないので時間の融通がききやすく、週に2日くらいから、一日に3時間くらいから働ける求人がたくさんあります。

時間的に余裕がある範囲で働きたいときにはうってつけの働き方で、シフトの自由度も高い職場が多いのもメリットです。一方、パートを選ぶと福利厚生を享受できないから正社員や正職員を選ぶというケースも多々あります。

群馬県における薬剤師のパートの求人では福利厚生についてもメリットがあるものがしばしば見受けられます。一定時間以上の勤務をすれば正職員や正社員と遜色ないような福利厚生を受けられる待遇の求人があるからです。

社会保険については労働時間が一定以上になっていれば雇用者が提供しなければならないものとして法律で定められていますが、それ以外の保育補助などの福利厚生も適用される仕組みになっている職場がたくさんあります。

ただし、住宅手当などのように適用されるケースが少ない福利厚生もあるので注意が必要です。薬剤師がパートで働くメリットとして昇進がないことも挙げられます。例えば、ドラッグストアでは副店長やエリアマネージャーなどに昇進して責任のある仕事を任されたり、長時間労働をする管理職として働かされたりすることになることもあるでしょう。

調剤薬局でも管理薬剤師として在庫管理などをしなければならなくなる場合もあります。正社員や正職員の場合には終身雇用が前提なのでこのような管理職への昇進がありますが、基本的にはパートの場合には昇進がありません。

そのため、薬剤師としての業務を全うする以上の大きな責務を負う必要がないことから安心して働きやすいのがメリットです。

パートを選ぶデメリットとは

群馬県でパートを選んで働くデメリットは正社員や正職員に比べて年収が低くなること、福利厚生に不足が生じること以外にもあります。パートではキャリアアップが難しいのが一般的で、少し経験を積んでから正社員や正職員になろうとしてもあまりキャリアを評価されないことがほとんどです。

即戦力になるかどうかはわからないけれど未経験ではないという程度の位置付けで評価されることになります。正社員や正職員でも勤務時間が緩和された待遇の求人も見受けられます。もしこれからキャリアアップをしていきたいと考えているけれど時間的にフルタイムは厳しいという場合には勤務条件をよく比較して緩和されているものを選ぶのがベターでしょう。

パートを選ぶもう一つのデメリットとして挙げられるのが、必ずしも終身雇用をする契約にはならないことです。勤め先の職場の都合によって契約を破棄されてしまったり、継続を断られてしまったりする可能性があります。

それを逆手に取って、働きたくなくなったら気軽に辞めてしまおうと思うことも可能ですが、人材不足の現場が多い群馬県では引き留められてしまうのは正社員や正職員とあまり変わりはありません。将来的に薬剤師が充足する状況が生まれてきたらデメリットにもメリットにもなり得る点として認識しておきましょう。

職場の種類による待遇の傾向

群馬県ではパートの待遇について職場による違いがあります。調剤薬局では常に需要が高く、少しでも調剤経験がある薬剤師が高く評価されています。ブランクがあっても歓迎されるケースが多く、時給の水準も比較的高いのが魅力です。

同様の傾向があるのがドラッグストアからの求人ですが、調剤業務を行っているドラッグストアかどうかによる違いも大きいので注意しましょう。調剤経験よりも管理薬剤師として働いた経験が重視されることもあるのです。

一方、病院では調剤や服薬指導などの経験の有無がかなり重視されています。即戦力を求める傾向が強いので、病院からの求人に応募する前に調剤薬局などで経験を積んでおくのが賢明です。

正社員登用の道はあるか

パートで働いた後でいつかは正社員や正職員になりたいという人もいるでしょう。優秀な人を正社員として登用する制度を整えている職場も群馬県にはありますが、必ずしも運用されているわけではありません。登用制度の活用を考えているなら求人に正社員登用制度ありと記載されていたとしても、実際に運用されているかを確認してから応募するのが大切です。

応募前に直接電話やメールなどで問い合わせてみると運用実績について情報を開示してもらえるでしょう。

パートで働くメリットをよく考えよう

群馬県では薬剤師がパートで働くメリットもたくさんありますが、デメリットもないわけではありません。パートでも他の職種に比べて稼ぎやすく、働きやすい環境を手に入れられるのは事実です。そのメリットが大きいか、キャリアアップが難しいなどのデメリットが大きいと感じるかによってパートで働くべきかどうかを判断しましょう。

参照:薬剤師の求人・転職募集ならアポプラス薬剤師 | パート・派遣応募https://www.apo-mjob.com/